2005年12月05日

FMP6のデータベースファイルをFMP8に変換する手順のまとめ

FMP6のデータベースファイルをFMP8に変換する手順のまとめ
(FMP8_ユーザーズガイド.pdf 109ページ〜)

○複数の関連ファイルで構成されるデータベースを変換する場合、一括変換する。
○Conversion.logファイルを確認。
○変換に際しての要注意ポイント
  パスワード
  スクリプトによるウィンドウ切り替え
  論理関数、論理値に対する検索条件
  ファイル参照パス
○場合によってはFMP6の段階で修正をして、変換をやり直した方が早いケースもある。
○それぞれのファイルをFMP8に変換してから、テーブル・スクリプトのインポート機能を使って、一つのファイルにまとめることができる。
○その際、リレーション定義は保持されない。


※さらに詳しい情報は、
http://www.filemaker.co.jp/downloads/index.html#migration
より、「FileMaker 8 旧バージョンの FileMaker データベースの変換」(pdf) を確認のこと。
posted by Kojima at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。