2010年01月30日

外部SQLデータソース上のテーブルにレコードをインポートする

FileMaker ファイルのリレーションシップ・グラフに外部SQLデータソース上のテーブルのシャドウテーブルができたら、いよいよそのシャドウテーブルに、元となった FileMaker テーブルからレコードをインポートします。

データが頻繁に更新されるようなテーブルの場合、ここでインポートを行なっても、後の作業の後、改めてデータのインポートが必要になるかもしれません。

それではなぜこの段階でインポートしなければならないのかというと、これにより、
(1) 必要なフィールドはすべて用意されているか
(2) 各フィールドのデータ型が一致しているか
(3) FileMakerテーブルにイリーガルなデータが含まれていないか
等を確認することができるからです。

(1) は言うまでもありませんね。(2) は特に数字型やテキスト型のフィールドに対して適切な型が MySQL テーブル上で定義されているかの確認になります。想定外の値が実際には存在したりするものです。

(3) についてはもう少し説明が必要でしょう。FileMaker での入力値の確認は、必ずしも厳密には行なわれません。例えば、数字型のフィールドにチェックボックスタイプの入力フィールドを当てはめてしまうと、数値が改行区切りで複数存在したりすることもありえます。また型の不一致の警告を無視して入力することもできたりします。しかし MySQL のテーブルにはそのような融通はききませんので、すべて致命的なエラーとなってしまいます。ですので、予めそのようなデータが存在するのか、存在する場合、元データを修正するのが良いのか、型定義を見直すべきなのか、よく考える必要があります。

ただし、FileMaker のインポート時、FileMaker は残念ながら詳しいエラーレポートを出力してくれません。また、改行コードを含む数字フィールドを FileMaker 上で検索するのは簡単ではありません。元テーブルのデータをいったんタブ区切り形式等にエクスポートして、テキストエディタ等で問題箇所を特定する等、工夫が必要です。

こうして、インポート結果に問題がなくなるまで、元データやテーブル定義の修正を行ないます。

なお、インポート時に元テーブルと MySQL 上のテーブルとでフィールド名が一致していると、インポート作業が大変楽になります。「外部RDBMSに持って行くテーブルのクリーンアップ」の項で、元テーブルにおけるフィールド名の修正を行なっているのはこのためです。
posted by Kojima at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | External SQL Data Source | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。