2005年01月05日

FX.phpを使うメリット/デメリット

FileMaker 7 Web Publishing Engine は、従来の FileMaker Pro 6 Web Companion に比べて、はるかに強力な機能と、セキュリティの向上が図られています。

それでは FM7WPE に FX.php を組み合わせて使用するメリットは何でしょうか?

○ PHP のさまざまなライブラリや設計テクニックを応用できる。
○ XSLT 開発のテクニックやツールがまだ不十分である。
○ インターネットでサイトを公開する際、PHP の方がセキュリティについて情報が多いので、安全なサイトを設計しやすい。
○ インターネットでサイトを公開する際、サーバ管理者の理解と協力を得やすい(?)

一方、デメリットとして考えられるのは・・・

○ PHP の開発スキルが必要。
○ インターネットでサイトを公開する際、PHP の方がセキュリティについて情報が多いので攻撃されやすい?
○ どうせPHPを使うなら、FileMaker ではなくフリーのSQLサーバを使った方が簡単で高性能?

私のシステムでは、データ管理者には FileMakerのリッチなユーザインタフェースにてデータベースの操作をさせ、その他のユーザには Web UI でアクセスさせること、サーバ管理者はFileMakerのことを知らない、などの理由から、いまのところ FX.php を使う方向で検討を進めています。
posted by Kojima at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX.php | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。