2005年01月13日

CDMLをXSLに自動コンバート

FileMaker Server 7 Advanced には、FMP6までで使われていた CDML ファイルを、FileMaker Web Publishing Engine で使える XSL に自動コンバートしてくれるツール FileMaker CDML Converter が付属しています。

これを使って、試しに当方で現在 FileMaker Pro 6 でのシステムにて使っている CDML ファイルをコンバートしてみました。

その結果、気づいた点としては、

○ CDMLの[FMP-Field]タグの Format オプションは使えない(無視される)。
○ [FMP-Else]タグを使っている箇所のうち、正しくコンバートされないものがあった。原因は調査していませんが、[FMP-Else]と[/FMP-If]の間が長いせいか、あるいは元のCDMLでちゃんと閉じてなかったからか?
○ [FMP-List]と「FMP-Option]の list= オプションは無視される。マニュアルにも記載されていたが、データベースの当該レイアウト上の当該フィールドに、その value list がちゃんと指定されている必要あり。
○ [FMP-Include]を使って挿入していた別ファイルのソースがすべて埋め込まれてしまう。XSLの文法にも同様の機能があるはずだが・・・

といったところです。

なおこのコンバート時にも詳しいログが出力されるので、必ず目を通しておきましょう。


posted by Kojima at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

CDMLをXSLに自動コンバート その2
Excerpt: 前のエントリの補足を少し。
Weblog: FileMaker Pro 7 によるWeb開発覚え書き
Tracked: 2005-04-12 17:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。