2005年01月14日

CDMLをXSLに自動コンバート その2

前のエントリの補足を少し。

[FMP-Field]タグの Format オプションとは、CDMLでは例えば数値の3桁区切りなどの整形機能がないため、元のデータベースのフィールドに定義された数値フォーマットやテキストフォーマットを元に、Webコンパニオンがhtmlのスタイルタグに変換してくれるものです。

XSLにはちゃんと数値のフォーマットを定義することができるようです。ここをあとで手で書き換えることになります。

その他、マニュアルに記載があったのであえて書きませんでしたが、< a href="FMPro?-db=..."> のようにデータベースアクセスのURLをフォーマットファイルに直書きしてある場合、これも後でFMP7の新しい書式で書き直さなければなりません。

それ以外にも注意事項がありますので、「FMS 7 カスタム Web ガイド」の付録Cをご覧ください。


posted by Kojima at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。