2005年02月07日

FX.phpの概要、動作を簡潔にまとめると

Web Scripter's Meeting http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon.mtxt の「FX.php日本語対応版」のスレッドにて、堀 直樹さんが FX.php の動作についてわかりやすく簡潔にまとめてくださっています。

http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon.mtxt$050127191129.html#050207132411

Webコンパニオンは、CDMLとほぼ同様のCGIリクエストで、フォーマット先を「-fmp_xml」と指定するだけで、リクエスト結果をXMLデータとして受け取ることができます。なのでCDMLでWeb公開をしたことがある人なら、勘所でFXを使えるようになると思います。

FXが結局何をしているかというのは、裏側でこのCGIリクエストを作り、Webコンパニオンにデータをポストして、返ってきたXMLデータをPHPの連想配列に収めてくれるというものです。

最初にインスタンスを作成して、そのときにWebコンパニオンが動作しているホスト名とポートを指定。
SetDBDataで、データベース名とレイアウト名を指定。
AddDBParamで、フィールド名と値とのセットや、-recidや-scriptを指定。
AddSortParamで、ソートするフィールドとソート順を指定。
最後に、FMNew()やFMFind()などを実行するという形です。


posted by Kojima at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | FX.php | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々な情報を入手でき本当に感謝しています。

私は、現在CDMLで販売サイトを運営しています。FM7SAを購入して、WINDOWSにて、"PHP5.x+FX.PHP+Apache2.x"で運営できないかと日々悩んでおります。

私は、PHPは全くの土素人なのです。
Windowsの場合は、ApacheではなくIISでないとだめなのでしょうか?根本的にわからなくて悩んでおります。

もし、ご教授いただければ幸いと思っております。また、この様なことをこのサイトに書き込んで良いかどうかも教えてください。

よろしくお願いします。
Posted by kabocha at 2005年03月06日 19:15
kabochaさん、コメントありがとうございます。
サイト拝見しました。FMP+CDMLで、ちゃんとセッション管理もして、しかもレイアウトもきれいなサイトですね!

残念ながら私はMacオンリーで、Windowsのことはさっぱりわからないので、お役に立てず申し訳ありません。確かにメーカーサイトの動作条件ではIISとありますね。

この際、Mac OS にしてしまうというのはダメですか? OSの接続数ライセンスも(この用途なら)無制限なので、OSのコストはWindows serverより安く上がると思います。どうせ Apache + PHP なら unix としての機能しか使わないし、OSのセキュリティリスクもWindowsより低いし・・・
Posted by Kojima at 2005年03月06日 22:01
どうも、ありがとうございます。
MacもMacOSの時には使っていました。OS_Xから使わなくなってしまったのです。

お店の販売もしており、店頭販売とWeb用DBが連動して、レジもFMでの自作品を使っています。

全て、WINにしてしまったのでしょうがなくWinを使う事になってしまうのです。

IISで頑張ってみます。しかし、FM7SAをFX.phpで動かすのは、大変なんでしょうか。。。。。

CDMLは、それなりにわかっているのですが、FM社の推奨のXSLTは、全く使う気になりません。

そのため、今後の事も考えてFX.PHPで頑張りたいと思っているのです。

しかし、全くわからない。。。

・FileMaker7 Server Advanced
・FileMaker7 4個
・Windows2003Server StanderdEdition

物凄い出費をして、全く何も出来ていません。
どうにか、FM7SA + IIS + PHP(FX.PHP)で現在のCDML環境からPHP環境に移行したいのですが、いい方法は無いでしょうか。。。

海外のHPも乏しい英語力で読んでいるのですがどうにもなりません。

何か、良い方法があればご教授お願いします。

よろしくお願いします。
Posted by kabocha at 2005年03月07日 01:02
現行のFMP6から7にアップグレードしなければならない理由はあるのでしょうか? もし急ぐ必要がないのなら、まずFMP6+FX.php で移行作業を開始するのも一つのやり方かなと思います。

MojaviやSmartyなどはとりあえず置いておき、CDMLをPHPで書き直すことをやってみてはいかがですか?これならハードルも低いし、やりながらFX.phpやPHPを学ぶこともできますよ。

FX.phpについては、とにかくテスト用のサーバを一つたてて、パッケージに入っているサンプルや、こちらの記事 http://fmp.kojima1.net/article/2247959.html で紹介したサンプルを「そのまま」動かしてみることから始めて見てください。
Posted by Kojima at 2005年03月07日 11:12
あ、ちなみに FileMaker Server 7 Advanced はWindowsで動かしておいて、Apache+PHP+FX.phpの部分だけ Mac にする、というやり方もありますよ。インターネットに晒すのは Mac だけで良いのでリスク低減のメリットもあります。
Posted by Kojima at 2005年03月07日 11:19
色々とありがとうございます。

IIS + PHP5.x 動くようになりました。

1)FM7SAにする理由・・・
今まで、FM5.5Unlimitedを使っていて
今後、大々的に販売サイトを運営する予定になっているので、CDML => PHPにしたいと思っているのです。

また、アップグレードの関係でFM7SAにアップデートしました。

とにかく、ゆっくり[ IIS + PHP + FX.PHP + FM7SA ]を頑張ってみます。

FX.PHPの日本のメーリングリストなどあれば言いなぁと思います。

また、[Apache+PHP+FX.phpの部分だけ Mac にする]は、かなり魅力です・・・・

実は、リナクスをMACがOSXになる前にいじっていました。今となっては、最高のGUIリナクス=>Macとおもっています。今後、Apache+PHP+FX.phpをMacというのも考えて見ます。

今後もお世話になることがあると思いますが、よろしくお願いします。



Posted by kabocha at 2005年03月07日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。