2005年02月09日

「改訂新版 基礎PHP」

PHPの解説書って、なかなか「これがおすすめ!」という決定版がないように思います。以前も大きな書店へ行って、PHP関係の書棚の前で小1時間ほど、いろいろ手に取ってみましたが、なんだかどれも一長一短のように思えてきて、結局何も買わずに帰ってきてしまいました。

基礎PHPそういう私がいま読んでいるのは「改訂新版 基礎PHP」(WINGSプロジェクト著、山田祥寛監修)です。

PHPはスクリプト、と言ってもやはりプログラミング言語ですので、プログラミング初心者向けの解説もあります。後半は、PEARライブラリを使った応用編で、具体例を通してPHPプログラミングを体験する形になっています。テンプレートライブラリであるSmartyを使った例もあります。

帯には「PHP5で作るWebアプリケーション」と描かれていますが、サンプルコードは基本的にはPHP4互換となっていて、これをPHP5で書き直したらどうなるか、というサンプルコードが別に用意されているのが親切ですね。

オブジェクトやクラスの解説も、PHP4向けのものと、PHP5で変わったところが分けて書かれています。PHP4互換を無視できない現状を、よく配慮されていると思います。

一方、この本だけでは足りないと思うのが関数リファレンスです。おそらく実際にコーディング作業を行なうときには、「ポケットリファレンス」のような本を用意するか、webでPHPマニュアルを参照しながら、ということになりそうです。


posted by Kojima at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。