2006年07月27日

"FileMaker API for PHP" Public Beta 正式公開

出ましたね。こちらからダウンロードできます。

http://www.filemaker.com/developers/resources/php/

ざっと見たところ、FileMaker Server 8 Advanced 8.0v4 の XML Publishing を利用して、fmresultset の XML文法でデータのやり取りをしているようです。PHPは4.3.xから、5.1.2にも対応。curlが必要とのこと。

大雑把にまとめると、FX.php は FMPXMLRESULT の XML文法に基づき、XMLのシリアライズ・デシリアライズと、データベースとのデータのやり取りの簡単なインタフェースを提供しているだけなのに対し、FileMaker API for PHP ではそのもう一つ上のレベルで API が用意されている印象があります。きれいなコードが書けそう。

しかし、パフォーマンスはどうなんでしょうね。パフォーマンスに関係しそうな違いは、使っている XML文法くらいのように見えますので、ここで差がでなければパフォーマンスの向上は期待薄でしょうか。

それにしても FileMaker Inc. 正式対応というのが心強いです。XMLでのデータのやり取りはAPIからは隠蔽されていますので、将来のバージョンでは、APIの互換性は保持されたままパフォーマンスが向上することも充分期待できます。


posted by Kojima at 14:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

FX.php と FileMaker API for PHP
Excerpt: FX.php mailing list にて、FX.php の開発者である Chris Hansen より興味深いコメントがありました。 http://www.iviking.org/piperma..
Weblog: FileMaker Pro 7/8 によるWeb開発覚え書き
Tracked: 2006-07-30 02:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。