2006年07月28日

FX.php と FileMaker API for PHP

FX.php mailing list にて、FX.php の開発者である Chris Hansen より興味深いコメントがありました。

http://www.iviking.org/pipermail/fx.php_list/2006-July/001887.html

まず、現在 FX.php を使っているアプリケーションは、FM API for PHP に変更する必要はない、ということ。これは FileMake Inc. の podcast の中でもそのように述べられているそうです。また、FX.php と FM API for PHP は同じサーバ上で共存することができます。

そして、次のバージョンの FX.php に、FX.php でも FM API for PHP でも動作する新しいツールを含める予定であるとのこと。

この「新しいツール」って、何をするものなのでしょうか? FX.php の API を FM API for PHP でインプリメントするのか?

前記事にも書いたように、FX.php は FMPXMLRESULT の XML文法に依存している(だから FMP6 にも対応可。しかしポータルの取り扱いが難しい。)ので、これから新規に取り組むとしたら FM API for PHP でしょうか (まだ public beta ですのでその点はご注意を)。いま FX.php を使っている|使ってきた人は、あわてて乗り換える必要はなさそう。

ただし、 FM API for PHP で FX.php の苦手だったこと (ポータル編集とか) がどれくらい良くなっているのかは見てみたいところです。
posted by Kojima at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | FX.php | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日もPHP&MySQLなメンバー用に、FX.phpのラッパーゴリゴリと書いてます。一度はFileMakerに浸かってみないと、どうにも理解し辛いそうです。お陰でFX.php用いたDAOを書く役が定着気味。

API、レビュー楽しみにしてます。
Posted by 21 at 2006年07月31日 15:46
21さん、どうもありがとうございます。FX.php もそうですが FileMaker API for PHP も FileMaker のデータベース構造に依存していますので、FileMaker のことを良く理解せずに使うことは難しいでしょうね。

FileMaker Inc. としては、FileMaker ならではのデータベース設計 (ポータルでのデータベース連結や、必要なデータセットをレイアウトで定義、アクセス権管理などでしょうか) をうまく利用したシステム開発を、他の RDBMS に対するアドバンテージとして訴求したいようです。

私の方は、現在は一旦 FileMaker から離れた案件に対応中のため、ご期待に添えるか判りませんが、目は離さないようにしてゆきたいと思います。
Posted by Kojima at 2006年07月31日 23:17
FX.phpというか、FileMaker + PHPっていう案件、結構「発注元担当者がFileMakerに慣れてるMacユーザーだから」ぐらいの理由でスタートしてるんですが、適応先に因ってはめちゃめちゃ評判いいです。

例えば、事務職員がゴリゴリに事務処理をFileMakerでやっておきながら、その他職員全員に、職権に応じた範囲で表示のみ、とか。或いは、素材サーバーへの一括登録やメタデータの連続処理はFileMakerで、単件登録と閲覧、取得はWebインターフェースで、とかとか。

FileMaker社は、リッチな(そうか?)FileMakerインターフェースで大量データの処理とか、ややこしい情報の手軽なGUI提示をし、Webインターフェースで多数のユーザーにシンプルな機能を提供、っていう形で売ってくれないだろうか。

近頃FX.php案件で一番の悩みは、FileMaker6までしか知らないお客さんが、知ったつもりで不必要な所まで触る権限を欲しがる事。

息抜き、お邪魔しました。今のトンネル抜けたらAPI触ってみます。
Posted by 21 at 2006年08月01日 17:20
うちと全く一緒ですね。当方でもヘビーユーザには FileMaker で、ライトユーザには Web で使ってもらってます。

最近は DOM + CSS + Javascript で、web でもかなり自由度の高い UI が作れてしまうので、FileMaker の方が動的な UI の実現が面倒に感じたりします (FM8.5で改善されましたね) が、Javascript とバックエンドの恊働なんて考えるよりは、やはり FileMaker の方が作り込みしやすいし、柔軟にかつ素早く対応できるのは強いです。

たしかに FileMaker を使っている人からは web でも同じような使い勝手 (うちの場合は、複数レコードをリスト表示で同時編集したい、とか、submit ボタンを押し忘れる、とか) を期待されてしまうのが辛いところですね。
Posted by Kojima at 2006年08月01日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。