2005年02月01日

Webアプリから2行でExcelファイルを出力する方法

目から鱗の落ちるような、とはこのこと!

PHPのライブラリ等でも.xls形式のファイルを生成するものがありますが、HTMLのテーブルに組んだものなら、
http://www.bricklife.com/weblog/000051.html にある通り、
WebアプリからHTML出力する時に、HTTPヘッダーに以下の2行を加えるだけです。

Content-Type: application/vnd.ms-excel
Content-Disposition: attachment; filename="hoge.xls"

そうです。要は ExcelやWordの HTML読み込み機能を使って、直接開かせているだけです。簡単でしょ?(^^

でも、table は結構しっかりとした表になりますし、フォントや色にも対応してくれます。なにより、適当に幅とかを整形して出力してくれるのが助かります。

本当にその通り、ちゃんと動きました。


posted by Kojima at 12:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(CDML) [FMP-Header]使用時の注意
Excerpt: いまさらCDMLの話で恐縮です。(なにせまだ FMP6 + CDML での仕事がメインなもので・・・) HTTPではメッセージヘッダとメッセージボディの間に空行(CRLF)を入れて区別するような仕様..
Weblog: FileMaker Pro 7 によるWeb開発覚え書き
Tracked: 2005-02-02 17:51